7月が締まったら、実績報告をしよう!

と、決めていたのですが・・・

なんやかや、やり過ごしているうちに
今日になってしまいました。

まぁ~これまでよりはましってことで
ゆるされてーっ(汗;

と・・・
言い訳はおいといて(って、恒例になっちゃってますが)
今回は、6~7月の実践報告です。


作戦成功?7月は絶好調でした!

1つ前の記事の冒頭で
「アドセンスさんが好調です」
さくっと書いていたのを覚えていますか?

実は・・・
あの段階で、これまでの最高報酬に届いていたんです。

そして、7月が締まった時には
1つの目標だった、月10万円の報酬をクリアすることができました。

やったーーーっ!! です。
証拠画像は、
↓ ↓ ↓
adsense2014.5-7

確かに、報酬はうれしかったのですが
同時に、作戦成功かな?という気持ちが起こりました。

作戦って何?という方は、こちらの記事でご確認ください。
「おススメはごちゃ混ぜブログ!実践報告とその理由」

気が付けば、6月から7月は、風習系の記事とお祭りの記事が、
1ヶ月を通すようにうまく埋まっていたんです。

「点をつないで線に・・・」
これが、7月になって、成果に繋がったのだと実感しました。


新たな目標!

今後の目標は、ズバリ!
「アクセスの安定」です☆

7月は、目標を達成できましたが
まだまだ、アクセスが安定していません。

最終的に「毎月6桁を稼ぐブログ」を目指しているので
これからは、アクセスを安定させるべく努力していきます。

具体的に何をするか?というと

  • 時系列で、期間の開いている部分には新記事を指していく
  • 過去記事は、随時見直してテコ入れをしていく

です。

そういえば、過去記事のテコ入れってやってますか?
これ、意外とやっている人が少ないように思います。

記事は有効利用しましょう!

ブログを立ち上げた頃に書いた記事や
アップしてから数年経っている記事・・・

ほったらかしになっていませんか?

時間のある時でいいので、一度見直してみましょう!

中には、時間が経って、
現在に合わない内容があるかもしれません。

また、文章の書き方1つとっても
こう書いたほうがいいかも?
というところがあるかもしれません。

時間の流れとともに、
キーワードもずれてしまっているかもしれません。

こういう記事を見つけたら、
リライトしてアップしちゃいます。

これが、テコ入れです!

元になる記事がありますから
記事作成の時間も少なくてすみます。

時間が無くて、なかなか新しい記事をアップできない(T T)
という時の裏技!と言ってはなんですが、
楽して1記事投入できちゃいます♪


リライトのポイント

リライトは、簡単にいうと「書き直し」です。

つまり、内容を変えずに、言い回しを変えたりすることで、
元記事を、新しい記事に仕立て上げてしまう事をいいます。

なんだか、難しそう・・・。ですか?

それでは、玲がどんな方法でリライトしているのか?を
書きますので、参考にしてみてください。


記事は、大きく分けると
冒頭と本文、締めくくりの文章の3つに分けることができます。

まず、冒頭部分
ここは、ぜーったい丸写しをしてはいけません。

なので、言い回しを変える事で
同じ内容を伝える文章に書き替えます。

次に、本文
ここは、今に合った内容に変更していきます。

例えば、

  • 古いリンクを張り替える
  • 今にそぐわない部分があったら、現状に即した物に書き替える
  • こっちの言葉の方が解り易い!というところなどを修正する

などです。

そして、最後の締めの文章
元記事のものが有効であれば、そのまま利用します。

といっても、大抵は、書き直したり
書き足したりして、自然な流れに修正しています。


リライト記事アップ!!その前に・・・

これで、完成!なのですが
気をつけたいのはタイトルです。

元記事のタイトルをそのまま利用するのはやめましょう!

リライト記事をアップした後
元記事を削除するというのであれば、同じでも大丈夫です。

削除しない場合は、キーワードは変えずに
類義語を利用して、変えてあげてください。

ちょっとした、グーグルさん対策です^ ^




実は、PRIDEの実践、ちょっと手が止まっていて
7月は5記事程度しかアップできませんでした。
それも、リライトを含んでです。

それでも、こんな成果が出るのって
すごい事だと思いませんか?

ぶっちゃけ、玲自身、かなりビックリしましたです(笑)

PRIDEは、時間がなーい! と
あきらめかけているあなたにこそ、
取り組んでいただきたい教材です。

コツコツ重ねていけば、必ず、結果は付いてきます☆

PRIDEについて聞きたいことがあれば、お気軽にどうぞ^ ^
「問い合わせフォームをご利用ください。